ひざサポートコラーゲンとトクホ

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品であり、トクホとはまた違う種類の商品です。

トクホは国の審査があり、国がその効果を確認しますが機能性表示食品は違います。

機能性表示食品の場合、申請する側がその効果が確かである事を証明した論文や科学的根拠を提示する事で販売可能であり、国が検査、試験をする事はありません。

ですがひざサポートコラーゲンの場合、販売年数が長く消費者が購入し続け人気の商品として維持し続ける事が出来た点も評価されています。

実際に10年程販売されており、その間売れ続けていたのですから、実際に効果を感じていた人が一定数以上存在したという事になります。

健康を維持していく事は年を重ねていく程難しく、体への負荷を減らす事や栄養摂取に関して配慮する事が大切になっていきます。

バランスの良い栄養摂取の1つの方法としてひざサポートコラーゲンは評価されています。

トクホでない理由の1つとしてコラーゲン自体がトクホとして申告する為の成分条件にない、そういった問題もあります。

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品とするには効果が薄いのではないか、そういった疑問も一部ではありますが、効果自体は確かなものです。

健康志向な人にとっても機能性表示食品は選択しやすい商品ですし、満足度も高める事が出来るものです。

ひざの曲げ伸ばしや負担は年齢を重ねていくとトラブルを起こしやすいですので、早めに必要成分を摂取し関節の負荷を減らしていくのも良いかもしれませんね。